横浜システム工学院専門学校

ロボット・IoTソフト科


img
文部科学大臣認定 職業実践専門課程

これからのロボットはビッグデータとして蓄えられたデータをAI(人工知能)を使って知識や経験として利用します。

IoT化された高度情報化社会では、ロボットたちと人間が安全で安心できるシステムが必要になりますが、それを実現するのはソフトウェアです。

ロボット・IoTソフト科は、すべてのモノがインターネットにつながる現実の世界で、ロボットとの共生を実現するソフトウェアを開発できる人材を育成する学科です。


Educator's Voice
IoT、AI、ロボットなど、ニュースやコマーシャルで新しい言葉がどんどん出てきます。

ロボットでもIoTでもプログラムでも、技術には変化の目まぐるしい部分と基本的で変わらない部分とがあり、この押さえるべき基本をしっかりと押さえておけばあとは恐れることはありません。

ロボット・IoTソフト科はそんな基本をしっかりと押さえた学びをし、その上で時代の流れをしっかりと把握していきます。

学内にとどまらず、産学連携や学外のイベントやコンテストも教育に利用しています。
基本を押さえたうえで目まぐるしく変わる変化を一緒に楽しみましょう。

将来
・IT系プログラマ
・Web系プログラマ
・組込み系プログラマ
・サービスエンジニア
・システムエンジニア

資格
・ITパスポート試験 
・基本情報技術者試験
・情報セキュリティマネジメント試験
・Javaプログラミング能力認定試験(2級・3級)
・Cプログラミング能力認定試験(2級・3級)

学びのポイント
1年次はITの基礎とプログラミングを学び、2年次はロボットやIoTの応用にチャレンジ

■1年次の学び
ITの基礎からシステム開発まで、さらにデータベースやネットワークやプログラミングについて学びます。後半ではゲームやロボットについても学びます。あわせて社会人になる準備として早いうちからビジネスマナーや職業について学びます。


■2年次の学び
学んだ事を使いこなせるように、ロボットやコンテストなどをテーマに実践的に学びます。そのためにチーム学習やプロジェクト学習をしていきます。
学外のコンテストや発表会にも出場して積極的に取り組むことで仕事で使える職業実践力を身につけます。


主な授業内容
<ロボット基礎>
ロボットに必要な要素は何でしょうか。簡単なロボットを製作します。

<ロボット研究>
コミュニケーションロボットとは何でしょうか。例えばPepperとは何でしょうか。

<ロボット製作基礎・応用・発展>
目的に応じたロボットを企画・製作・テスト・活用します。

<インターフェースデザイン基礎・応用>

モノやロボットとコミュニケーションする方法を学びます。

<ロボットプログラミング>
ロボットを動かすプログラムにはさまざまなものがあり、特徴に応じて使い分けます。

<ロボットソフト制作基礎・応用・発展>
ロボットをコントロールするソフトウェアを企画・設計・実装・テスト・運用します。

<ロボコンチャレンジ基礎・応用・実践>
専門学校の全国大会で優勝をめざすロボコンチームプロジェクトです。

<ロボット遠隔操作基礎>
ロボットを遠隔操作する方法と仕組みを学んで、コントロールシステムを実際に作成します。



先ずは資料請求・体験入学申し込み

学科紹介一覧


▲ページTOP
 




(c)YOKOHAMA SYSTEM ENGINEERING